hur63hr2 のすべての投稿

就活関連のバイトはおすすめ

就活に関するバイトは本当にいいものですねという話をしたい。

最初に、就活に関するバイトにはどんなものがあるのか紹介したい。まず、就活生を対象にしたインタビュー形式のアルバイト。就職支援サービスを提供する会社が行うインタビューや写真撮影に応じるというものだ。1時間で3000円程度と、非常に割のいい仕事が多い。また、インターネットでアンケートに答える形式のものもある。こちらは在宅でこなすことができ、報酬は10分のアンケートで500円程度。こちらも非常に魅力的だ。そして、就活が終わった学生(つまり内定者)向けに、就活イベントのサポートをするアルバイトもある。こちらは、合同説明会等の大規模な就活イベントに参加し、スピーチをしたり悩みの相談に応じたりするというものだ。

先日、この就活イベントのサポートのアルバイトに行ってきた。朝は9時過ぎに集合。午前中はトークイベントのようなものにパネリストとして参加した。自分の話を300人の後輩が聞くという、なかなかない体験をさせてもらった。お昼休憩を挟んで、今度は就活生の悩み相談に乗る。こちらはお菓子を食べながらのんびり会話をするという形式で、非常にカジュアルな場であった。夕方には相談者が途切れ、17時頃に解散。規定の時間より少し早かったが、給料はきっちり支払われた。ううん、良い現場だ。

就活生は忙しく、数も限られるため、アルバイトの待遇が恵まれていることが多い。就活生や就活を終えたばかりの学生は、就活関連のアルバイトを探してみてはいかがだろうか。
ちなみにバイト代で私が何をしたかと言うと、ズバリホットヨガである。
ホットヨガ教室に前から行ってみたかったのだ。もちろん、通うだけで痩せるとかは思っていないが、汗をかくのは身体にいいとおもうし、精神的にもストレス解消になるはず。
身体から毒素が出てる~という気になるのだ。決して激しいスポーツではないので、呼吸もそれほど荒くならない。有酸素運動がダイエットには一番いいと思うが活性酸素は健康に良くない。
そういうわけでホットヨガに通いだしたがわけだが、意外とその効果を感じている。いままで何をやっても続くなかった自分なのに、これだけ継続してるということだけでも、立派だと自分を褒めたい。

健康第一を改めて実感

私が今欲しいもの、それは何より健康です。
七年ほど前からある障害を患い、今は仕事にも行けず、子供の学校行事にも積極的に参加することができません。
一日中症状に悩まされ、パソコンや携帯電話の操作も、体調によっては難しい日もあります。
健康無くしては何もできない。親がよくいっていた言葉ですが、本当にそうだと、改めて実感する毎日です。
自分一人なら、まだ気も楽ですが、小学生の子供がいるので、どうしても普通の健康な身体を手に入れたいと願ってしまいます。
親なら誰でも、我が子と一緒に出かけたり、学校行事には参加してあげたいと思うのは当然です。
とにかく、一日でも早く、元通りの生活が送れるよう、食事療法や、健康食品、運動など、自分にできることは、とにかく手当たり次第試しています。
病院に行って薬をもらえば病気は治る、とばかり思っていた私ですが、病院へ行っても有効的な治療法がない、薬を飲んでも効果がない、という病もあるんですね。
先のことを思うと不安ばかりが先走って、ついつい落ち込みがちな毎日ですが、少しずつでもいい方向へ向かって進んでいるんだと信じて、完治するその日まで、自分で出来るだけの努力をしていこうと思っています。
そして、そのために始めたのがヨガです。体を温めてゆっくりとポーズを取るだけですが、これがなかなかハードなスポーツです。効果はまだ感じていないですが、体重は少しずつ落ちてきていますし、より健康になっていく気がします。
ただ、問題は汗の量。当然洗濯物の量もすごいです。ホットヨガスタジオで洗ってきても、帰りの自転車で汗をかきますし。
だから電動自転車がほしいと思いました。特に私は、坂道の多いところに住んでいます。近くのスーパーに行くにも、駅に行くにも、どこに行くにも坂道を通っていくことが多いです。
どれだけ楽なんだろうと何度思ったかわかりません。
私が自転車を押しながら坂道を登っているところを横目に、電動自転車の方はスイスイとらく~に上がっていかれます。
私も、電動自転車がほしいな~と思いましたが、自転車屋さんでみるとけっこう値段が高い!
ものによりますが、普通の自転車が3台は買えます。

やっぱりやめとこうとその時は思いましたが、最近は体力の低下を感じることが多くなり、以前は何事もなくできたいたことが今はとてもしんどく感じることも多くなってきました。
友人の電動自転車を、試し乗りさせてもらったことがあるのですが、ちょっとの力でスイスイと前に進んでくれます。
やっぱり、次購入するのは電動自転車にしたいなと思いました。
私の周辺地域の方は、坂道が多いということもあり電動自転車を使用している方が、ほんと多いです。

電動自転車を手に入れるため、日々節約に励んでおります。
電動自転車の値段が、もう少し安くなったらいいですけどね。
いつ買えるのかはわかりませんが、2,3年以内にはほしいな~。

キャベツを切るのが面倒だけど

私は、キャベツダイエットに挑戦して、見事8キロ痩せられたという経験があります。
キャベツダイエットとは、毎食前に生のキャベツをよく噛んで食べるというものです。
量としては、丸々1個のキャベツのうち1/6くらいです。
これを食べやすい大きさにカットし、そのまま食べます。

ドレッシングは使っても良いですが、ダイエットが目的なので、ノンオイルが良いでしょう。
このキャベツを普通に食べるだけではダメです。
10分くらいの時間をかけて、ゆっくり食べなければ意味がありません。
この食べ方をすることによって、満腹中枢が刺激されるので、お腹いっぱいになれるのです。
食前に満腹感を得られれば、自然と食事量が減ります。

満足感は味わっているので、全く辛くありません。
さほど努力している感じでもないのに、どんどん体重が減っていくのは楽しかったです。
これと併せて、運動をしたり、食事制限をすれば、もっと効果が期待できるそうなのですが、私にはそこまでの根性がなくて、食前のキャベツのみでした。
ただ、キャベツだけでなく普段の食事もよく噛むということだけは徹底しました。
それでも、十分に痩せることができたので、良いダイエット法だと思います。

自分の現状を認識

いつも三日坊主な私が、レコーディングダイエットだけは、かれこれ1年近く継続できています。
レコーディングダイエットは、一時期ブームにもなったことがあります。
私も、雑誌やテレビの特集で見たことはありましたし、周りでも実践している友人は数多くいました。
私は、ブームが過ぎ去った頃に始めたのですが、自分に合ったダイエット法にブームは関係ないと思いました。
痩せたい気持ちはあるものの食事制限をしたり、定期的な運動をしたりというと、やはり続かないのが私のダメなところです。
レコーディングダイエットとは、日々の食事と摂取カロリーの記録を取るという方法です。
これにより、自分の食事や間食の状況を把握し、食べ過ぎなどを自覚することで、自然と食生活の改善ができるのです。

実際に自分がこの方法を取り入れて気付いたのですが、自分が何を食べたかというのは、きちんと把握しているようでできていないと思いました。
思えば、昨日何を食べたか聞かれても即答できないことは、よくあることでした。
レコーディングしておくことによって、ちょっと甘い物が欲しくなってお菓子を食べようとした時に、数時間前に既にお菓子を食べていたら、自然と手は止まりました。
しかも、私は究極の面倒くさがり屋なので、書くのが面倒で食べるのをやめることも、しょっちゅうありました。
それも結果的に、食べる手が止まったので良かったのだと思います。
この1年で、5キロほどの減量に成功することができました。

他のダイエット法に比べると、緩やかに痩せていく感じがしました。
ただ、このレコーディング自体をやめてしまうと、すぐにリバウンドしてしまうのではないかという不安はあります。

友達から教えてもらったトマトを使って

私の友人が、夜トマトダイエットで簡単に痩せられたので、私も駄目元で始めてみました。
夜トマトダイエットは、今かなり話題になっています。
夜の食事と一緒にトマトを食べるという、至ってシンプルなダイエット法です。
私は、これまでにたくさんのダイエット法を取り入れてきましたが、どれも長続きせず、成功した試しがありませんでした。

だから、今回の夜トマトダイエットにも、全く期待はしていませんでした。
そして、本当にこんな方法で痩せられるのだろうかと、半信半疑でもありました。
なぜなら、こんな簡単な方法で痩せられるなら誰も苦労はしないだろうと思ったからです。
まあ、痩せられなかったとしても、野菜を積極的に食べるのは健康面のことを考えても悪いことではないですし、トマトには老化防止の作用もあります。
若返りの効果もあると聞いたこともあります。
それで、なおかつ痩せることができれば、ラッキーくらいに思おうと思ったのです。
しかも、私は大のトマト好き。

あまり苦痛に感じることなく、続けられそうだと思いました。
ただトマトを食べるだけでなく、生活習慣も整えていくことも大事だそうなので、規則正しい生活を心がけ、抜いてしまいがちな朝食もきちんと食べることも実践しました。
最低でも3ヶ月続けてみることで、自分に合っているかどうか様子を見ることにしました。
最初の半月くらいは、楽しく実践することができました。
しかし、さすがに毎晩となると、飽きてきそうでそれが一番怖いと思いました。
だから、2ヶ月目からは、料理に取り入れたり、ジュースにしてみたり、摂取の方法を変えてみました。
そして、苦痛に感じることなく半年間続けることができました。
生活習慣の改善も同時に行なっていたので、リバウンドをすることなく、毎月1キロのペースで痩せることに成功しました。

もはや定番の置き換えダイエット

ダイエットと言えば、置き換えダイエットがメジャーですよね。
私も、実際にやってみたことがあります。
しかも、2回も。。。
お察しの通り、失敗したから2回もやったことがあるのです。
1回目は、遡ること8年前。
シェイカーで、水と粉を混ぜ合わせて飲むのですが、何となく満腹感は得られるものの、何だか物足りない感じでした。
しかし、今ほど商品も選びたい放題ではなく高めだったので、それを無駄にしないためにも、もっと食べたいという気持ちをグッと我慢。
夕飯だけ置き換えていました。

そこで生じたのは、夜に飲み会や、友人との約束が入った場合です。
お昼に置き換えようかとも思いましたが、それはそれで会社に持って行く訳にもいかなかったので、約束が入ってしまった日は、置き換えをしませんでした。
これが、最大の敗因です。
最初は、置き換えられなかったことに罪悪感を感じましたが、だんだん慣れてきてしまって、今日も良いや〜を繰り返すように。。。
だから、今度こそは!と、一念発起して、再チャレンジすることにしたのです。
失敗から5年の月日が流れていました。
2回目のチャレンジの時は、置き換えダイエットも世に普及した感じで、シェイクだけでなくパスタやワンタンなどの商品が登場していました。
シェイクは、あまり好きではなかったので、そういったものだと食べた感じもしますし、できるかもしれないと思いました。

しかも、価格も手頃になっていたのは嬉しかったです。
そして、前回の失敗を活かすべく、人との付き合いよりもダイエットを優先させるようにしました。
たまに食事に行く分は、ストレス発散と思うようにして、置き換えダイエットの方を大事にしようと思いました。
シェイクではない置き換えダイエットは、楽しく食事をする感覚で続けることができました。

しかも満腹感もあり、普通に美味しかったので、物足りなさも感じませんでした。
5キロ痩せようと思って開始したので、目標を達成して終了しました。
体重よりも見た目の方が痩せられたので、満足しています。

効果はいまいち?炭酸水ダイエット

私は、どんなダイエット法も効果がなく、そもそも何故痩せづらいのかを考えてみました。
そこで思い当たるふしとして、便秘がちということが考えられるかもしれないと思ったのです。
食生活や生活習慣は整っている方だと思います。

朝食を抜くこともないですし、適度な運動や早寝早起きも心がけています。
だから、現状に加えて何かしなければ、便秘は改善されないと思いました。
そこで、炭酸水ダイエットに目を付けました。
旅行で海外に行くと、友人が、便秘に良いし日本では炭酸水の方が高いから、旅先では炭酸水を飲んだ方が良いと、よく口にしていました。
そのことが頭の片隅に残っていたのです。

炭酸水は、それだけでお腹いっぱいになるので、ダイエットにも向いています。
加えて、炭酸のシュワシュワが胃や腸を刺激してくれるので、便通が良くなる仕組みなのです。
炭酸水を飲むようになってからは、ほとんど間食をしなくなりました。
そして、便通が良くなるという効果も現れてくれました。

私が、このダイエット法の良いなと思ったところは、炭酸水はどこでも買うことができるので、急な約束が入ったり、自宅で飲み忘れてもどうにかなるというところです。
たとえば、置き換えダイエットなんかの場合は、外食の約束が入った時点でアウトです。
炭酸水による便秘改善と食べ過ぎ防止ができるようになり、ダイエットに成功すると同時に肌の調子まで良くなったようで、一石二鳥でした。
ただ、劇的な体重ダウンまではなく、世の中、甘くはないなと思いました。とほほ。

自転車ダイエット

私は、ペーパードライバーということもあり、普段から自転車ばかり使っています。
その自転車で、ダイエットができるということで、私も普段のサイクリング生活に取り入れることにしました。
しかも、私が最も痩せたいと思っていた下半身に効果的です。
お尻に重心を置いて、腹筋に力を入れ、こぐだけでオッケーです。
普段、無意識で自転車をこぐと、足首だけの運動のようになっていました。
だから、足首を固定して、意識的に足全体の運動としてペダルをこぐことが重要になってきます。
むやみやたらに、こいでいても意味がないので、ここは気を付けるべきポイントと言えます。
また、下半身痩せに効果的と言いましたが、二の腕のダイエットにも効きます。

ひじを少し曲げて、手でハンドルを握りはするものの、二の腕で支えているような意識を持つようにします。
最初は、気になる部位の方だけをやり始めました。
いっぺんに全部を習得するのは、言葉で聞くよりも難しかったです。
足の動きに慣れてきたところで、体全体を意識しながら、自転車をこげるようになりました。
自分で走るよりも楽に、しかもジムなどに通う費用もかからずに、景色を楽しみながら、無理なく痩せられました。
たるんでいた二の腕も引き締まり、痩せにくくて悩んでいたふくらはぎや太ももも、余計な脂肪が落ちた感じがしました。
冬に、ブーツを履いた時に、そのことを実感できました。
自転車ダイエットを始める前に、足の太さを測っておけば良かったと思いました。
自転車をこぐ時は、無意識のうちにこの方法でできているので、リバウンドの心配が全くありません。

呼吸法を変えてみた

以前テレビで見たことのあった呼吸ダイエットを実践して、大成功しました。
世の中には、たくさんのダイエット法が出回っていますが、これほどまでに簡単なダイエット法があっただろうか!と思えるほど、画期的な方法だと思っています。
しかも、運動や食事制限が全くないというのが、私にぴったりでした。
運動をするのは面倒だし、食べたい物を我慢するのもストレスになると分かりきっています。
そもそも運動すると、体力がないせいで、息が上がります。
そのくせ、汗をかいた後のビールとおつまみが手放せなくて、ダイエット向きではないと思っていました。
そんな私が絶賛している呼吸ダイエットですが、腹式呼吸を用いて、有酸素運動と同じ効果を得られるというものです。

腹式呼吸によって取り込んだ酸素が、脂肪の燃焼を促すのです。
痩せるためには、脂肪が燃焼できないとお話になりません。
それを手軽にできるのが、呼吸ダイエットという訳です。
方法としては、大きく息を吸って思いっきり息を吐き出します。
一時期、テレビで連日のように見かけたロングブレスダイエットと同じような仕組みだと思います。
ただ、私はあそこまで激しくはやっていませんでした。
1週間に3回くらい、気が向いた時にだけやっていました。

1回あたり20分くらいです。
慣れるまでは、少し大変ですが、慣れてしまえば本当に簡単です。
最初の頃は、お腹が筋肉痛になってしまっていました。
どれだけ運動不足なのかも思い知らされました。

いつでもどこでも、自分ができる時に無理なくやっただけなのに、見違えるくらい痩せました。

岩盤浴にかよっています

私は会社員なのですが、残業も少ないので、アフター5の時間を持て余していました。
前々から、何かしらやりたいと思っていたものの、何をすれば良いやら、やりたいこともピンときていませんでした。
そんな考えを持っていたとき、友人からスーパー銭湯に誘われました。
その時に、初めて岩盤浴も利用しました。

岩盤の上に寝ているだけで、滝のように汗が出ました。
普通に運動をするよりもたくさん出たので、とても気持ち良かったです。
体の中の悪い物が、汗として流れ出て行くような感覚になりました。
ただ、これは体の水分が出ているので、体重が減るのは当然の結果であり、これがダイエットになるという訳ではありません。
岩盤浴をすると、体が温まり代謝が上がります。
代謝が上がると、脂肪を燃焼しやすい体に変わるので、痩せやすい体作りが可能になります。
これにより、岩盤浴でのダイエット効果を期待することができるのです。

私は、岩盤浴での発汗の快感が忘れられずに、自宅近くの岩盤浴に通うことにしました。
ダイエットも目的ではありましたが、運動が得意な方ではないので、汗をかく機会が皆無だったため、汗を流してすっきりしたいという気持ちもありました。
本当は、毎日でも通いたいという気持ちがありましたが、それはそれで体に負担がかかるようで、週に2〜3回と決めました。
食生活などは全く変えなかったのですが、やはり代謝が上がったようで、同じ生活をしていても太らなくなりました。
ダイエットをしているという意識は希薄だったものの、自然と減量していきました。
そして、内蔵まで快調になり、便秘がちだった体質も改善されました。
体にとって良いことばかりな岩盤浴ダイエットは、かなりイチオシです。